食事制限

糖質制限ダイエット1ヶ月目で-5キロ達成した主婦の体重グラフを公開します

糖質制限ダイエット1ヶ月目の体重変化
  • 糖質制限は1ヶ月でどのくらい痩せられる?
  • 糖質制限ダイエットをしているけど効果があまり出ない
  • 最初の1ヶ月間のカラダの変化やつらい点を知りたい

こんな疑問をお持ちの方はぜひ読んでみてください!

ちょこっと自己紹介
ゆり
ゆり
糖質制限で半年間で10kgのダイエットに成功したアラサー3児ママです!
この記事の内容
  • 1ヶ月目で-5キロ痩せた私の体重グラフ公開
  • 糖質制限1ヶ月目に感じた良い変化と辛かった点
  • 糖質制限ダイエットで1ヶ月目に急激に痩せる理由

糖質制限ダイエットは最初のうちから急激に体重が減ります。

ゆり
ゆり
私はトータルで痩せた10キロの半分=5キロは最初の1ヶ月で落とすことができました!

この記事では、私が半年で10キロのダイエットに成功したときに記録していた体重グラフを公開しています。

  • 糖質制限ダイエットでまだ効果を感じられていない人
  • これから糖質制限を始めようと思っている人

こんな人はぜひ参考にしてみてください!

ダイエットのきっかけや10キロ痩せるまでの半年間の話は、糖質制限ダイエット成功体験談の記事を読んでみてね!

糖質制限ダイエットは1ヶ月でどれだけ痩せる?

ゆり
ゆり
私の場合は、1ヶ月目に5.6キロ減りました!

そんな私の糖質制限ダイエット1ヶ月目を振り返ってみたいと思います。

ダイエットスタート時の体重

ダイエットスタート時の身長体重はこんな感じです。

  • 身長 160cm
  • 体重 61.6kg
  • BMI 24.06
ゆり
ゆり
60キロ超え…。恥ずかしい…!

BMIの数値上は普通体型ですが、どう見ても太りぎみですよね。

2人目の子供を産んだあと、食事制限とジム通いで45キロまで痩せたのに、気付いたらこんなに太ってました。

激太りしてダイエットを始めたきっかけと成功体験談

ゆり
ゆり
目標体重はとりあえず50キロに設定!

最終目標として「48キロくらいまで減らしたいなー」と思っていました。

妊娠中をのぞいて考えると人生で一番太ってしまったので、「とにかく普通体型になりたい!」という気持ちでした。

1ヶ月目で5キロ痩せた体重グラフ公開

糖質制限ダイエット1ヶ月目の体重グラフ

1ヶ月間の体重の変化は上のグラフの通りです!

上がったり下がったりしながらも、1ヶ月で5.6キロ減りました。

ちなみに、1週間ごとの体重の変化を分析してみると、下の図のような結果になりました!

糖質制限ダイエット1ヶ月目の体重の減り具合を分析1週目と5週目の体重の減りが多いのは、生理後の痩せ期が重なっているのも1つの理由です。

糖質制限は痩せるという情報を耳にしていたものの、毎日お腹いっぱいになるまで食べていたのでこんなに体重が減ってびっくりしました!

ゆり
ゆり
1ヶ月に落とせる体重ってがんばっても2~3キロっていうイメージだったので、とにかく嬉しかったです。

糖質制限ダイエット中の食事メニュー

食事メニューはこんな感じでした!糖質制限ダイエット中の食事メニュー

朝ごはんはバターコーヒーだけで、昼の12時までは固形物を口に入れないようにして、半日断食をしていました。

お昼ごはんは、ローソンで買っていました。

  • ブランパン
  • サラダチキン
  • サラダ
  • ゆでたまご
  • ホットスナック(焼き鳥など)

この中からその日食べたいものを組み合わせて買っていました。

夜は、家族と基本は同じメニューで主食を抜いていました。

ゆり
ゆり
自分だけ別メニューを作るのって、めんどくさいよね…

糖質制限ダイエット1ヶ月目に感じた良い変化

はじめて糖質制限ダイエットをやってみて、1ヶ月目に感じたカラダの変化についてお話します。

糖質制限ダイエット1ヶ月目に感じた良い変化

  • お腹がへっこんできた
  • 目覚めがよくなった
  • 食後の眠気がない

くわしく解説していきますね!

お腹がへっこんできた!

1ヶ月目から、自分でわかるくらいお腹のお肉が減りました!

ズボンも下着もゆるくなって、「あ、痩せたんだ」って体重以外の変化でも実感できました。

一番変化を感じる瞬間は、お風呂の鏡にうつった自分のお腹を見たとき。

私はいつもお風呂のイスに座りながら体を洗うので、お腹の一番ヤバい状態を確認できます。

ゆり
ゆり
ダイエット前はお腹が足にのっかりそうな勢いだったのに、いつの間にかそのお肉がなくなっていました!

1ヶ月目で同僚から「あれ?痩せた?」と聞かれることがあったので、他人から見ても見た目に変化があったみたいです。

目覚めがよくなった

私すっごく朝が弱いんですが、朝すっきり目覚められるようになってびっくりしました!

いつも2度寝3度寝をくりかえしてやっと起きるのに、糖質制限ダイエット中はアラームを普通に止めて起きられるようになったんです。

ゆり
ゆり
アラーム1回で起きられるのが普通なのかもしれませんが、朝弱い私にとっては普通じゃないんです。

そして、朝ごはんを食べないことで、朝の時間にゆとりが持てるように!

平日の朝は小学生の長男を送り出したあとに、バターコーヒーを作るのをルーティーンとしていました。

そして、保育園に通っていた長女が朝ごはんを食べている横でゆっくりバターコーヒーを飲みながらお化粧をし、出勤するという流れでした。

ゆり
ゆり
ちなみにバターコーヒーはお昼ごはんまで満腹感が続くよ♡

バターコーヒーの作り方は、こちらの記事にまとめてあるのでよかったら参考にしてみてください。

バターコーヒーの作り方!材料2つの超簡単レシピも紹介します

バターコーヒーの作り方!超簡単レシピも紹介!
バターコーヒーの作り方!材料2つの超簡単レシピも紹介しますバターコーヒーの作り方を、シリコンバレー式の「公式レシピ」「超簡単レシピ」「アイスで飲む方法」の3つご紹介!便利アイテムココナッツ・ギーがあれば、忙しい人でも続けられるので、バターコーヒーダイエットを成功させたい人はぜひ見てください!...

食後の眠気がない

糖質制限をしていると食後の強烈な眠気が起こりません。

それは、糖質をとりすぎによる血糖値の急上昇&急降下が起こらないためです。

ダイエットをはじめたころ私はデスクワークの仕事をしていたのですが、毎日食後の眠気と戦っていました。

ランチタイムが終わっていざ仕事を始めようと思っても、ほんっとに眠くて眠くて…

仕事にまったく集中できていませんでした。

こっくりこっくり舟をこいでしまうこともしばしば…

ゆり
ゆり
正直なところ、よくクビにならなかったなと思ってます。

でも、糖質制限ダイエットを始めてからは、食後も眠くならずスッキリ!仕事に集中できるようになりました。

ダイエットとは直接関係ないけど、仕事がはかどったので嬉しい効果でした!

糖質制限ダイエット1ヶ月目で辛かったところ

1ヶ月目から体重が減ったし嬉しい効果もたくさんあったけど…やっぱり辛いところもありました。

私が辛かったのは以下の2つ。

  • 甘いものが食べたくて口さみしい
  • まわりへの説明がめんどくさい

ひとつずつ解説していきます。

甘いものが食べたくて口さみしい

ゆり
ゆり
ダイエットを始めるまで毎日甘いものを食べていたので、習慣化してしまい、すごく食べたくなりました。

俗にいう糖質依存っていうやつだと思うのですが、お腹は空いていないのに甘いものが食べたくなるんです。

もしかしたら、甘いものが好きな人は糖質制限に慣れるまでは辛いかもしれません。

甘いものが食べたいときは?

1日1つ糖質カットお菓子を食べてOKというルールを作る!

朝はバターコーヒーのみでお昼ごはんまで固形物を口にしないと決めていたので、職場についてもコーヒーを飲むだけ。

お昼はローソンに買いに行っていたので、ついでにお菓子をひとつ買っていました。

ゆり
ゆり
ナッツやハイカカオのチョコレートなどを買うことが多かったです。

仕事が終わるまでの間にご褒美のお菓子をちびちび食べて、ごまかしていました。

我慢のしすぎはストレスのもと。

1ヶ月目から完全に甘いものを排除しようとしないほうがダイエットが長続きします。

私のように「1日1個までならOK」みたいなルールを決めて、乗り切りましょう♪

まわりへの説明がめんどくさい

糖質制限を始めると、周りの人に反対されます。

糖質制限の場合は、

「身体に悪いよ」
「糖質はとらないと頭が働かなくなるよ」

みたいな感じで言われることが多いです。

ゆり
ゆり
糖質制限だけに限らずダイエットってなぜか反対されるんですよね。

ダイエットをするしないは個人の自由なので、相手を説得する必要はありません。

でも、家族や職場の人など毎日食事を一緒にする人が相手だと無視するわけにもいかないですよね。

ダイエットはまわりにどう説明する?

私が実践していた対処法は、この2つです。

  • ダイエットを打ち明ける人を最低限にする
  • 相手に100%の理解を求めない

まず、ダイエットのことを話すのは最低限の人数にしました。

言わなくても気付かれない人には、わざわざダイエットをしているとは言いませんでした。

そして、食事を一緒にする家族や同僚にも、糖質制限のことを深く話したりせずに「ちょっと炭水化物を控えてる」くらいに話しておきました。

周囲の人が100%賛同してくれるダイエット方法なんて、存在しないと思います。

ゆり
ゆり
みんなの意見を聞いていたら収拾がつかなくなります!

もちろん、まったく食べないダイエットのように無茶をして痩せようとするのはダメですよ。

ですが、安全なダイエットの場合は自分さえ納得しているなら何を言われてもやればいいと思います。

私の場合は、もくもくと1人で頑張っているうちにまわりの人の理解も得られるようになりました。

夫は糖質制限に協力してくれるようになったし、同僚は否定どころか「痩せた方法を教えて!」と言ってくるようになりました。

上司には、「何のために痩せるの?痩せてどうすんの?」と嫌味を言われることもありました…

ゆり
ゆり
そこは笑顔でスルーしておきました。

糖質制限ダイエット1ヶ月目に体重がたくさん減るのはなぜ?

糖質制限ダイエットを始めると、すぐに3キロくらい減ります。

体内の水分が減るからです。

ゆり
ゆり
だからと言って、「水分しか減らないなら痩せないじゃん」と思ってダイエットをやめるのはもったいないです!

その理由を解説していきます。

糖質制限で最初に減るのは「水分」

実は、糖質制限で最初に減るのは「水分」です。

私たちのカラダは糖質の摂取量が減ると、かわりにグリコーゲンという物質を消費します。

グリコーゲンは糖質と水分が結合してできている

グリコーゲンの中には、糖質と3~4倍の水分が合わさって保管されています。

このグリコーゲンを使うことで、一緒にためこまれていた水分が放出されて体重が急激に減るのです。

糖質制限ダイエットを始めて最初に減る3キロは水分と思っておきましょう。

3キロも減ると嬉しいですが、水分なのでまた糖質をとりはじめればすぐに戻ります。

ゆり
ゆり
体重の“数字”だけ減らしたいならいいですが、脂肪を減らしたいなら喜ぶのはまだ早いよ!

だからと言ってダイエットをやめないほうがいい

糖質制限で最初に減るのは水分と聞いて、「水分が減っただけなら意味ないじゃん!」と思って糖質制限をやめてしまうのは、もったいないです。

人間のカラダが栄養を使うときには順番があります。

まずは糖質や炭水化物。そして、そのあとに筋肉や脂肪が使われます。

糖質を制限することで体内に溜め込んでおいた糖質が使われ、一緒に水分が体内から排出されて急激に体重が減る。

これは誰もが痩せるために通過するスタート時点です。

水分で体重が3kgほど減ったあとに、やっと本当に脂肪が使われ始めるのです。

それなのにダイエットをやめてしまっては、それまで努力をした意味がなくなってしまいます。

水分の排出はいつ終わる?

糖質と結合していた水分が排出されるまでの期間は「何日間」と断定できません。

1日あたり糖質を何gまで制限するか、運動で糖質をどのくらい消費するかによって結果が変わるからです。

早い人なら1週間かもしれないし、遅い人なら1ヶ月かかるかもしれません。

ゆり
ゆり
脂肪を着実に落として痩せたいのなら、1ヶ月以上の期間をかけてダイエットを続けましょう。

糖質制限ダイエットの正しいやり方を知ろう

糖質制限ダイエットを始めるなら、なんとなくで始めないで正しいやり方を知りましょう!

ゆり
ゆり
私はちゃんと糖質制限について勉強して、半年間で10キロの減量に成功しました。

10キロ痩せた経験をもとから学んだことは、
糖質制限ダイエット完全マニュアルという記事にまとめてあります。

  • これから糖質制限ダイエットを始めようと思っている人
  • 糖質制限ダイエットを実践中だけどなかなか結果が出ない人

こんな人に読んでもらいたいです。

糖質制限ダイエット完全マニュアル!
【糖質制限ダイエットのやり方完全マニュアル】半年で-10キロ痩せた私が徹底解説糖質師制限ダイエットで半年で10キロの減量に成功したアラサーママの私が、糖質制限ダイエットのやり方・メニュー・レシピについて徹底解説します!「ダイエットとリバウンドを繰り返すのはもう終わりにしたい!」そんな人はぜひ読んでみてください。...
≫無料キャンペーン情報≪
無料で試せるオンラインヨガフィットネス

↑こちらの記事では、無料で試せるオンラインヨガ・フィットネスの情報をまとめています!

\最大2週間無料!/