食事制限

糖質制限のメリット・デメリット!10キロ痩せた私のデメリット対処法も紹介します

糖質制限のメリットとデメリット
  • 糖質制限のメリットとデメリットって?
  • 糖質制限ってダイエット以外にも良いことあるの?
  • 糖質制限ダイエットがオススメな人はどんな人?

こんな疑問をお持ちの方はぜひ読んでみてください!

ちょこっと自己紹介
ゆり
ゆり
糖質制限で10kgのダイエットに成功したアラサー3児ママです!

くわしいプロフィールはこちらから

この記事の内容
  • 糖質制限の7つのメリット
  • 糖質制限のデメリットと対処法
  • 糖質制限ダイエットはこんな人におすすめ!

この記事を読めば、糖質制限ダイエットを始めようか悩んでいる人は不安を解消できるはずです。

また、糖質制限を始めてみたけど

  • フラフラする
  • 便秘になった
  • 甘いものが食べたい

こんなお悩みを持っている方に対しての対処法も書いてあります。

ゆり
ゆり
すべて私の実体験にもとづいた情報なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

糖質制限の7つのメリット

ゆり
ゆり
私はダイエットのために3年前に糖質制限を始めました。

実際に私が感じたメリットは以下の7つです。

  • お腹がへこんだ
  • 午後の眠気がなくなる
  • 集中力がキープできる
  • 運動しても疲れにくくなる
  • 朝の目覚めがよくなった
  • 異常な食欲を感じなくなった
  • 「痩せた?」と聞かれて嬉しい

それぞれ詳しく解説していきますね!

すぐにお腹がへこむ

糖質制限を始めて、最初に痩せたのはお腹です。

ゆり
ゆり
1ヶ月目からお腹がへっこんだのが自分でもわかりました!

糖質制限ダイエットは最初の1ヶ月でガクっと体重が減ります。

私自身、トータルで減った10キロのうち、半分の5キロ以上を1ヶ月目に落としました。

糖質制限ダイエットは他のダイエットよりも成功しやすいです。

それは、糖質制限なら早いうちから体重」「見た目」両方の変化が表れるからです。

最初のうちからきちんと効果を感じることは、モチベーションアップにつながります。

モチベーションが上がれば、ダイエットが長続きしやすいです。

つまり、結果としてダイエットの成功確率が上がるということです。

糖質制限ダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?-5キロの体重グラフを公開

1ヶ月目の体重の変化はこちらの記事でグラフを公開しています。

午後の眠気がなくなる

糖質制限をしていると、食後の眠気がなくなります。

食後の眠気の原因は、急激な血糖値の上昇と降下にあります。

仕組みは以下の通りです。

  • STEP1
    糖質を摂取する
    糖質制限をしていない食事には大量の糖質が含まれています。
  • STEP2
    血糖値が急激に上がる
    大量の糖質を摂取したために、血中の糖質量が増えます。
  • STEP3
    インスリンが大量に分泌される
    上がりすぎた血糖値を下げるためにインスリンというホルモンがたくさん放出されます。
  • STEP4
    血糖値が急激に下がる
    大量のインスリンの働きにより、今度は血糖値が下がりすぎてしまいます。
  • STEP5
    強烈な眠気に襲われる
    食後にも関わらず低血糖状態になるので、強烈な眠気やだるさを感じます。

私が糖質制限を始めたときは、デスクワークをしていました。

毎日のようにランチを食べた後、午後の仕事中に襲われる強烈な眠気に悩まされていました。

ゆり
ゆり
糖質制限を始めたら、嘘のように午後も仕事に集中できるようになってビックリしました!

集中力がキープできる

糖質をとり続けていると、やる気や集中力が下がります。

それは糖質を、ドーパミンというやる気ホルモンが出にくいカラダになってしまうから。

糖質は麻薬に似ています。

糖質は麻薬に似ている

この図のように、糖質をとればドーパミンが大量に放出され脳が喜びますが、これは一時的な快楽です。

脳はまたドーパミンが欲しくなり、糖質を欲します。そして、また食べる。

これを繰り返しているうちに、脳ではこんな変化が起こります。

  1. 通常の状態でのドーパミンが減少
  2. 糖質をとって、やっと通常のドーパミン量に
  3. 普通の糖質量では足りないので、より多くの糖質が欲しくなる
ゆり
ゆり
本当に麻薬みたい…

よく「糖質はやる気のもと」とか「脳の栄養は糖質」などと言いますよね。

でも糖質の過剰摂取は、やる気や集中力が保てない人間に私たちのカラダを変化させてしまうのです。

運動しても疲れにくくなる

糖質制限を続けていくうちに体脂肪率も体重も減って痩せるので、太っていたときより格段に疲れにくくなります。

あえて誤解を恐れずに言えば、「太っていると疲れやすい」です。

下の項目に心当たりはありますか?

  • 階段が苦だからエレベーターを使いたい
  • 歩くのが嫌だから車は入り口の近くに停めたい
  • 立ち上がるだけなのに気合が必要
  • 足が痛くて長時間立っていられない
  • ちょっとしか動いていないのに汗が出る
ゆり
ゆり
ちなみに…私は全部当てはまっていました。

私が働いていた会社は2階建てで、

  • 2階…私のデスク
  • 1階…コピー機・トイレ・給湯室

こんな造りで、仕事をするためには1階と2階の行き来が必須でした。

でも、入社当時は45~6キロだったので、階段を辛いとは思っていませんでした。

こまめにコーヒーを注ぎに行ったり、必要な書類があればその都度階段を下りて取りに行っていました。

問題は、60キロに太ってから…。

階段を使うのが億劫になり、トイレに行くタイミングで書類やら飲み物やらをまとめて持って行くようになりました。

ゆり
ゆり
典型的なデブの習慣ですよね…

太っている人と痩せている人の疲れやすさを比較するのは難しいです。

でも、10キロ以上の増量と減量を経験している私の体感では、「痩せると動いても疲れにくい」です。

朝の目覚めがよくなった

糖質制限のメリットの中で、私がベスト3に入るほど嬉しかったのが「目覚めがよくなったこと」です。

ゆり
ゆり
私、ほんっとうに朝に弱いんです。

学生時代から、社会人になっても、朝起きられなくて二度寝は当たり前。

毎日寝坊して遅刻ギリギリで学校や会社へ行くのが当たり前になっていました。

そんな朝に弱すぎる私が、糖質制限ダイエットを始めたら朝スムーズに起きられるようになったんです!

アラームで普通に起きられます。

むしろアラームの何分か前に自然に目覚めることもあります。

ゆり
ゆり
ほんと嘘みたい。嬉しすぎる…!

朝が苦手で悩んでいる人は、一度だまされたと思って糖質制限を試してみてください。

異常な食欲を感じなくなった

糖質制限生活にカラダが慣れてくると、異常な食欲に襲われることがなくなっていきます。

それは、糖質制限によって血糖値のコントロールがされているからです。

異常な食欲の原因は、血糖値の乱降下にあります。

糖質をとると血糖値が急激に上がり、それに反応してインスリンが大量に分泌されます。

大量に分泌されたインスリンは、今度は血糖値を下げすぎてしまいます。

そうすると、カラダは糖質が足りないと誤解し、糖質を欲しがります。

つまり、ニセモノの食欲です。

ゆり
ゆり
しかもニセモノの食欲にふりまわされて糖質をとり続けて行けば、確実にふとります。

それは、インスリンが血糖値を下げるために余分な糖質を体脂肪として溜め込む性質があるからです。

糖質制限をして血糖値を手にコントロールすれば、ニセモノの食欲にふりまわされることはなくなります。

「痩せた?」と聞かれて嬉しい

糖質制限ダイエットは効果が出るまでが早いです。

ゆり
ゆり
私は最初の1ヶ月で5.6キロ減りました!

5キロも減ると、見た目にも変化が現れます。

  • ウエストが細くなる
  • 二重あごがなくなる
  • 顔がほっそりして目が大きくなる
  • 後ろ姿がシャープに
  • 服が全体的にゆるくなる

私はこんな変化を感じました!

自分で痩せたと実感できるのももちろんのこと、1ヶ月も経たないうちから毎日会う人には「あれ?痩せた?」と聞かれるようになりました。

痩せたと言われると、モチベーションが上がりますよね!

ダイエットは続けなければ成功しません。

そして、ダイエットを続かせて成功させるために、モチベーションの維持は不可欠です。

なかなか結果が出にくいダイエットよりも、はじめのうちから自他ともに「痩せた」と実感できるのが糖質制限ダイエットの魅力。

いつもダイエットが長続きしない人には、糖質制限がおすすめです。

糖質制限の3つのデメリットと対処法

ここからは、糖質制限で実際に私が感じた3つのデメリットと、その対処法についてお話しします。

最初の3日が辛い

糖質制限は最初の3日間勝負かもしれません。

最初の3日は次のような症状があらわれます。

  • ボーっとしたり、フラフラする
  • 満腹を感じられない
  • 頭痛がする

これらは、代謝システムの変換に時間がかかるから起こります。

今まで何十年も私たちは糖質をエネルギー源としてきたのですから、急に糖質が足らなくなってカラダがびっくりするのは当然のことです。

でも、糖質に頼らない代謝システムは、本来人間に備わっているもの。

今までずっと眠らせてきたのでエンジンがかかるまで時間がかかりますが、だいたい3日我慢すれば糖質以外からエネルギーを作り出せるようになります。

対処法

糖質制限生活の最初の3日間を少しでも楽に過ごすためには、MCTオイルが役に立ちます。

MCTオイルには、脂肪からエネルギーを作るのをサポートする効果があります。

朝起きたらMCTオイル入りのドリンクを飲みましょう。

ゆり
ゆり
私はバターコーヒーを飲んでいました!

それだけでも頭がボーっとする感じは、かなり改善されるはずです。

バターコーヒーの簡単レシピ

さらに食事でもスープに入れたり、サラダにかけたりして、朝~晩まで摂取しておくとカラダが楽です。

MCTオイルは糖質制限ダイエットをサポートしてくれるアイテムなので、最初の3日が過ぎたあとも使い続けることをおすすめします。

MCTオイルの効果については、
MCTオイルの効果とは?5つの効果と他のオイルではダメな理由に詳しく書いてあります。

気になったらぜひ読んでみてください。

便秘・肌荒れを起こす

糖質制限中は、便秘や肌荒れを起こしやすいです。

原因は、炭水化物の摂取を減らすことで、食物繊維の摂取量まで減ってしまうことにあります。

下の図のように、食物繊維は炭水化物に含まれています。

炭水化物の中に食物繊維と糖質が含まれる

糖質を制限するためには、お米やパン・麺類などの炭水化物の摂取量を減らす必要があります。

本当は食物繊維まで制限する必要はないのですが、炭水化物の中から食物繊維だけ取り出して食べるわけにはいきませんよね。

食物繊維が減ると腸内環境が悪化してしまうので、便秘や肌荒れにつながります。

対処法

対処法は、悪化した腸内環境を改善すること。

具体的な方法は、以下の3つです。

糖質制限中の便秘・肌荒れ対策

  • 食物繊維を積極的にとる
  • 無糖ヨーグルトを食べる
  • MCTオイルなどの油分を多めにとる
ゆり
ゆり
ヨーグルトにMCTオイルを入れて食べるのもWの効果でおすすめだよ!

便秘解消法についてもっと詳しく知りたい方は、
糖質制限ダイエット中の便秘解消法という記事を参考にしてみてください。

糖質制限ダイエット中の便秘解消法!手軽にできる3つの対策を紹介します
糖質制限ダイエット中の便秘解消法!手軽にできる3つの対策を紹介します「糖質制限ダイエットしてるのに便秘のせいで全然体重が減らない!」そんな方はぜひこの記事を読んでください!半年で10キロのダイエットに成功した主婦の私が、手軽で簡単なのに、ダイエット効果もアップできちゃう一石二鳥な便秘解消法を3つ紹介します。...

甘いものが嫌いになるわけではない

糖質制限をすると甘いものへの執着心は減りますが、だからと言って甘いもの自体が嫌いになるわけではありません。

ゆり
ゆり
私は甘いものを必要としない体質になるんだと誤解していました!

たしかに糖質制限の効果で、糖質依存の状態からは抜け出すことができます。

糖質依存を抜け出せば「甘いものを食べないとイライラする」という悩みからは解放され、お菓子を食べる量は以前より減るはずです。

でも、甘いものを美味しいと思う趣味嗜好自体が大きく変わるわけではありません。

とくに女性は甘いものが好きな人が多いので、完全に我慢するのはちょっと辛いかもしれません。

解決策

解決策は、低糖質お菓子を上手に生活に取り入れることです。

最近はコンビニ(とくにローソン)でも糖質の少ないお菓子が手に入ります。

我慢しすぎないで、糖質のカットされているお菓子を少量食べてストレスを減らしましょう。

お菓子を食べるときは、食べ過ぎないように自分ルールを決めることをおすすめします。

ゆり
ゆり
私はローソンの低糖質おやつを1日1個までと決めていました!

糖質制限ダイエットはこんな人におすすめ!

糖質制限ダイエットがオススメな人はこんな人です。

  • 短期間で体重を落としたい人
  • ダイエット中でも食べる量を減らしたくない人
  • 仕事のパフォーマンスも上げたい人
  • 朝起きるのが苦手な人
  • ダイエットが長続きしない人

それぞれの理由について解説していきます。

短期間で体重を落としたい人

短期間で体重を落としたいなら、ファスティングか糖質制限ダイエットがおすすめです。

両方とも最初に体重の数字がガクっと減るからです。

※最初に減る1~3キロの体重の正体は水分です。その後に脂肪が落ちます。

糖質制限ダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?の中で、最初に体重がたくさん減る理由について解説しています。

ゆり
ゆり
でも最終的に体重だけじゃなくて、ちゃんと脂肪も落としたいなら糖質制限しかないと思う!

私は今まで数え切れないほどのダイエットを試してきました。

一部を紹介すると、こんな感じ↓

  • カロリー制限
  • 置き換えダイエット
  • 8時間ダイエット
  • 脂質制限
  • 低GIダイエット
  • レコーディングダイエット
  • ジュースクレンズ etc…

どれも一定の効果はありますが、痩せるための労力・時間・辛さなどトータルして考えるとやっぱり糖質制限ダイエットが一番です。

ダイエット中でも食べる量を減らしたくない人

糖質制限ダイエットは食べる量を減らす必要がありません。

ゆり
ゆり
カロリー制限よりも糖質制限をおすすめする最大の理由がコレ!

理由は、糖質がほぼ0の食品がたくさんあるからです。

糖質がほぼ0の食品

  • 肉、魚
  • チーズ

これらの食品なら、いくら食べてもOKです。

糖質制限ダイエットではお肉やお魚などをお腹いっぱい食べているのに、体重が日に日に減っていきます。

つまり、ダイエットと聞いて連想されるような「お腹が空いても食べるのを我慢する」という思いは一切しなくていいのです。

糖質制限ダイエットの食材一覧表!OK食材NG食材の見分け方も解説

糖質制限中に食べてもいい食材についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ダイエットしながら仕事のパフォーマンスも上げたい人

糖質制限ダイエットをしていると、ついでに仕事のパフォーマンスが上がるという嬉しいおまけがついてきます。

糖質制限のメリットでもお伝えしたように、糖質制限には以下のような効果があります。

  • 午後の眠気がなくなる
  • 集中力がキープできる

仕事中の眠気がなくなり集中力が上がると、仕事のスピードとクオリティが上がります。

ゆり
ゆり
私のようにデスクワークの人はすぐに変化を実感できるはずです。

カラダが慣れるための最初の3日間はぼーっとしますが、仕事に支障をきたしたくなければ週末から始めれば大丈夫です。

■仕事に支障をきたさず糖質制限を始めるには?

土日休みの仕事の人なら、金曜日からスタートするのがおすすめ。

(週末には予定を入れないほうが無難です)

金曜日は初日なのでそこまで辛くないし、土日のうちにある程度のだるさは感じますが、翌週の月曜日からの仕事に悪影響は出ません。

むしろ、月曜日からの仕事ではいつもより集中できるようになっているはずです!

朝起きるのが苦手な人

糖質制限をしていると、朝の目覚めがよくなります。

それは糖質のとりすぎで低下していた睡眠の質が改善されるからです。

朝が弱すぎて諦めていた私でも目覚めが劇的に良くなりました。

私に起きた変化は、メリットの「朝の目覚めがよくなった」という部分でもお話ししたので、さかのぼって読みたい場合は下記をクリックしてください。

糖質制限のメリット「朝の目覚めがよくなった」に戻る

  • アラームを止めて二度寝してしまう
  • 目覚めが悪く朝が辛い

こんなお悩みをお持ちで、なおかつ「ダイエットもしたい!」という人には糖質制限がぴったりです。

ダイエットが長続きしない人

糖質制限ダイエットなら、今までダイエットに挫折してきた人でも長続きさせられるはずです。

その理由は以下の2つ。

  • 結果が出るのが早い
  • 空腹を我慢する必要がない

糖質制限ダイエットは結果が出るのが早いので、モチベーションが維持しやすいです。

なかなか結果が出ないダイエットでは、途中で「何のために頑張っているんだろう?」と考えて嫌になってしまうことがありますよね。

私の個人的な感覚ですが、ダイエットを始めたてのようなモチベーションが続くのはせいぜい2週間~1ヶ月がいいところ。

ゆり
ゆり
糖質制限なら、1週間目から体重が減るからやる気がアップするよ!

糖質制限ダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?-5キロの体重グラフを公開で、最初の1ヶ月の体重グラフを公開しています。

さらに糖質がほぼ0gの食べ物(肉・魚・卵など)はいくら食べてもOKなので、空腹を我慢しする必要もありません。

ダイエットに挫折するときって、「空腹に耐えられなくなったとき」ですよね?

糖質制限ダイエットなら挫折のもとになる空腹を感じることなくダイエットできるので、長続きしやすいです。

私が感じた糖質制限のメリットとデメリットまとめ

ゆり
ゆり
今までの話をザっとまとめるよー!

糖質制限を始めて感じたメリットはこの7つ。

■糖質制限のメリット

  • すぐにお腹がへこむ
  • 午後の眠気がなくなる
  • 集中力がキープできる
  • 運動しても疲れにくくなる
  • 朝の目覚めが良くなった
  • 異常な眠気を感じなくなった
  • 「痩せた?」と聞かれて嬉しい

逆にデメリットだと思ったのは以下の3つです。

■糖質制限のデメリット

  • 最初の3日が辛い
  • 便秘・肌荒れを起こしやすい
  • 甘いものが嫌いになるわけではない

3つのデメリットの解決策は以下の通り!

■デメリットの解決策

最初の3日が辛い
→MCTオイルでエネルギー不足をサポートする

便秘・肌荒れ
→無糖ヨーグルト・MCTオイル・難消化デキストリンなどで腸内環境を整える

甘いものが好きな人は…
→ルールを決めて低糖質おやつを取り入れる

そして、糖質制限ダイエットがオススメな人はこんな人たちです。

■こんな人におすすめ!

  • 短期間で体重を落としたい人
  • ダイエット中でも食べる量を減らしたい人
  • ダイエットしながら仕事のパフォーマンスも上げたい人

今までいろいろなダイエットに失敗してきた私でも、糖質制限ダイエットでは半年間で10キロの減量に成功しました。

おすすめのダイエット法を聞かれたら、「絶対に糖質制限!」と答えます。

糖質制限のやり方は、糖質制限ダイエット完全マニュアルという記事にまとめてあります。

糖質制限ダイエット完全マニュアル!
【糖質制限ダイエットのやり方完全マニュアル】半年で-10キロ痩せた私が徹底解説糖質師制限ダイエットで半年で10キロの減量に成功したアラサーママの私が、糖質制限ダイエットのやり方・メニュー・レシピについて徹底解説します!「ダイエットとリバウンドを繰り返すのはもう終わりにしたい!」そんな人はぜひ読んでみてください。...
≫無料キャンペーン情報≪
無料で試せるオンラインヨガフィットネス

↑こちらの記事では、無料で試せるオンラインヨガ・フィットネスの情報をまとめています!

\最大2週間無料!/